石油化学

発展途上国の躍進、都市化、消費の増大により、この先数十年間オイルとガスの生産ニーズが高まっていきます。技術の発展により、探査と処理コストを削減してエネルギー価格を制限し、主要なエネルギー源として化石燃料が位置づけられましたが、シェールガス開発(水圧破砕の進歩により発展)の好況は、天然ガス生産を先例のないレベルに追いやりました。さらに、合成ガスのような代替エネルギー、石炭ガスの残りからできた中間生成物等、より効果的な代替物は発電の燃料として供給され、ほぼすべての生産工程で、ガス分析器を使用して環境に安全で高品質な製品を生産する必要があります。Micro GC Fusion Gas Analyzerは、泥水検層、天然ガス、製油所ガス、促進剤の研究、合成ガスと炭鉱ガス分析の高度なニーズを満たしています。

US EPAは、漏洩排出を「スタック、煙突、穴または他の同様に機能的な開口部を合理的に通り抜けることができなかった排出」と説明しています。石油化学または産業用配管内の各接続部分は、リークする可能性がある場所であり、漏洩排出を監視する必要があります。焼却炉は、リーク検出および修理(LDAR)プログラムがあることが義務付けられており、これは指定されたリリース点以外の点からのメタンを含む不安定な揮発性有機化合物(VOC)の排出を判断するための、US EPA Method 21ガイドラインに準拠したものです。DataFIDポータブルフレームイオン化検出は本質的に安全なポータブルフレームイオン化検出であり、安全にVOC排出を測定し、LDARのMethod 21機器の要件を満たして超えます。


DataFIDポータブルフレームイオン化検出

 

LDAR監視さらに詳しく

ニュースレターについてはここをクリックしてサインアップしてください。



Micro GC Fusion

 

当社のビデオをご覧になりMicro GC Fusionの利点について学習してください。

Inficon MarektSlider

  • bayan escort